株式会社ファイブスター東都は、クライスラー・ジープの正規販売店です。 クルマの購入、中古車の買取りは当社へお任せください。
フェイスブック一覧スタッフブログ一覧
オンラインショップThe Collectionsはこちら
お問い合わせはこちら
 
 
MOREコンテンツ
スタッフによる試乗記や特集記事、たくさんの雑誌で紹介いただいたメディア情報などのコンテンツを掲載しています。
MORE コンテンツ−Web Magazine > Jeep® 特集 > 新型 Jeep® Compass 特集【Vol.1】
 
Web Magazine
2017.11.01掲載

新型 Jeep® Compass 特集【Vol.1】

コンパクトSUV「コンパス」がフルモデルチェンジ! 2017年12月2日(土)から発売を開始!

新型ジープコンパスはどのようなクルマなのでしょうか。まずは概要を紹介しましょう。

初代コンパスが日本に登場したのは2012年3月のこと。その時に比べ、コンパスが属するコンパクトSUVの市場は広がりを見せ、お客様のニーズも多様化。そのため世界的に競争の激しい市場と言えるでしょう。そのような状況を考え、新型コンパスはジープ伝統の優れた走破性を維持しながら、デザインや機能、快適性、安全性など、全方位において進化。アクティブなライフスタイルを楽しまれる方はもちろんのこと、都市部にお住まいの方、週末に家族でドライブを楽しむファミリーなど、幅広い層のニーズに応えられるクルマへと進化しました。

日本に導入されるのは、スポーツ(Sport)、ロンジチュード(Longitude)、リミテッド(Limited) の3グレードです。

エクステリア

フラッグシップモデルであるグランドチェロキーのデザインDNAを受け継いだ、プレミアム感のあるスタイリングを実現。
ロンジチュードはブラックペイントルーフを採用し、上質な雰囲気となっています。

インテリア

先進装備を配置した、機能的かつクラフトマンシップを感じさせるデザインとなっています。ダッシュボード中央には第4世代目となる「Uconnectシステム」を配置。スポーツには7インチタッチパネルモニター付ラジオを、ロンジチュードとリミテッドには8.4インチオーディオナビゲーションシステムを装備。ともにApple CarPlayおよびGoogle Android Autoに対応し、スマートフォンと連携してメールの送受信や通話、オーディオ操作、音声ナビゲーションなどを行なうことができます。

エンジン

3グレードとも2.4L直列4気筒マルチエアエンジンを搭載。最高出力175ps/6400回転、最大トルク23.4kg・m(3900回転)を発生します。

トランスミッション

スポーツとロンジチュードが前輪駆動(FF)で6速AT(オートマチック)を搭載。リミテッドはオンデマンド方式(ジープ・アクティブドライブ4×4システム)の4輪駆動で9速ATとなります。

燃費

START&STOPシステムを搭載したスポーツとロンジチュードでは11.9km/L(JC08モード)を達成しています。

ボディサイズ

3グレードとも同じで、全長4400mm×全幅1810mm×全高1640mm。乗車店員は5名です。また、ボディは従来モデルに比べ全長が75mm短縮し、取り回しやすくなりました。

安全装備

各種エアバッグやエレクトロニック・スタビリティ・コントロール、トラクションコントロール、リアパークアシストを全車に標準装備。さらにリミテッドには、クラッシュミティゲーション付前面衝突警報やブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクションなど、先進の安全装備が装備されます。


価格はスポーツが323万円(税込)、ロンジチュードが351万円、リミテッドが419万円(2017年11月現在)となっています。
また、新型コンパスの発売を記念して、豪華装備をセットした「ローンチエディション」を100台限定で販売します。この限定車はリミテッドをベースに、通常はメーカーオプション扱いとなるラグジュアリーパッケージ(デュアルペインパノラミックサンルーフ、パワーリフトゲート)を標準装備。さらに、パールコート塗装を施したエクステリアカラーの組み合わせで、通常27万円分のアイテムを装備しながら、価格をベース車の10万円高の429万円に抑えた、お買い得なモデルとなっています。ボディカラーは、ブリリアントブラッククリスタル(50台)とヴォーカルホワイト(50台)の2色となっています。

※ 記載の価格は2017年11月現在の新車時の価格です。

新型 Jeep® Compass 特集

【Vol.1】 コンパクトSUV「コンパス」がフルモデルチェンジ! 2017年12月2日(土)から発売を開始!

【Vol.2】 新世代ジープのラインナップを強化するコンパクトSUVが新型コンパス。

【Vol.3】 新型コンパスのパワートレインやボディ、安全性をチェック!

【Vol.4】 新型コンパスのグレードや諸元を紹介します。

ライター:山本 和彦 氏

4輪駆動業界などに造詣が深く、数々の自動車雑誌の編集長を務める。山本編集長が作る新しいコンセプトのカスタム4WD/SUV総合サイトも公開中。

戻る
ページ先頭へ
 
株式会社ファイブスター東都 | 会社案内 | 社会貢献活動 | 採用情報
 
Copyright 2013 Fivestartoto Co., Ltd. All rights reserved.