株式会社ファイブスター東都は、クライスラー・ジープの正規販売店です。 クルマの購入、中古車の買取りは当社へお任せください。
フェイスブック一覧スタッフブログ一覧
オンラインショップThe Collectionsはこちら
お問い合わせはこちら
 
 
MOREコンテンツ
スタッフによる試乗記や特集記事、たくさんの雑誌で紹介いただいたメディア情報などのコンテンツを掲載しています。
MORE コンテンツ−Web Magazine > 車高調キット特集【Vol.2】
 
Web Magazine
2016.08.09掲載

車高調キット特集【Vol.2】

アーバンスタイルを作り上げるだけではなく、操縦性もよりスポーティに。

レネゲードは2つの楽しみ方が存在するクルマです。
1つ目は、ジープらしい道無き道を行く4駆モデルのトレイルホーク。
そしてもう1つが、ジープが持つワクワク感を日常で気軽に体感できる2駆のロンジチュードとリミテッド。この街中をより楽しく、もっとスポーティに走らせたい方に向けて、ファイブスター東都では、2駆モデル用にファイブスター東都特注(アラゴスタ社製)の車高調キットを用意しました。

アラゴスタの車高調キットは、サーキットといったレースシーンから街乗りまで対応し、国産車だけではなく輸入車用も幅広くラインナップし、絶大なる人気を得ています。
車高調タイプなので、サスペンションのストロークに関係なく車高を調整することが可能です。

この fivestartoto Jeep® レネゲード用 車高調キットの調整範囲ですが、フロントは75mmダウンから40mmアップ、リアは70mmから50mmアップまで可能。標準的なセッティングですが、フロントが35mmダウン、リアが40mmダウンとなります。
車高を下げることによって重心が低くなるので、カーブでのロールは減少するだけではなく、タイヤハウスのクリアランスが少なくなるので、スポーティな印象を与えてくれます。

ファイブスター東都のグループ会社で集まり行なったイベント「 Tetsuya OTA Sports Driving School TOTO Circuit Experiance 2016 with injured ZEROプロジェクト 」に、アラゴスタ装着車とノーマル車の2台のレネゲードを持ち込み比べてみました。
タイヤも同じ銘柄、同じサイズなので、純粋に車高調装着/非装着でチェックすることが可能です。


イベントゲストとして来られていたモータージャーナリストの「嶋田 智之」さんに試乗していただきコメントを頂戴しました。

ノーマルのサスペンションは全体的に柔らかめのセッティングですね。
といっても、フワフワしたようなだらしない感じではなく、路面の状況や前後左右のGによる車体の揺れを、サスペンションを柔らかくしなやかに動かすことで吸収しようとしている感じです。万人向けというか、レネゲードはSUVですから、その一般的な使われ方の範囲を考えると、ちょうどそこに適したセッティングになっている感じです。
通常はこれで充分なはず。

もう一方のアラゴスタは、ノーマルのサスペンションと較べて体感的にハッキリと固くなった印象です。というと乗り心地が悪化したというイメージを受けるでしょうけど、そういうことではなくて、ギュッと引き締まった感触。固くはなってるのだけど、サスペンションの動きは固いなりにしなやかで、路面の凸凹とかはそれなりにちゃんと吸収してくれるから、不快な突き上げのようなものはあまり感じられません。
むしろその固さは、路面とクルマの関係性が今どういう状況にあるのかをドライバーが知るのに、とても役立ってます。

例えば “路面が少しうねっているけどサッと吸収してサッと元に戻ったよ…” とか、“コーナーを曲がってるときに右側のタイヤが1cmぐらいの段差を踏んだけど挙動を乱すことなくクリアしたよ…” とか、そういうひとつひとうの動きが判りやすく伝わってきます。

ノーマルサスペンションでは、うねりや段差を柔らかく吸収して快適性に結びつけるのを重視していますが、反面、その吸収のスピードが比較するとゆっくりなので、うねりや段差が複雑に続くような場面で速度がそれなりに乗ってると、収束しきれなくなってくることもあるわけです。逆にこちらは柔らかさよりも吸収するスピードの速さを重視してるようなところがあるので、うねりや段差が続くような場面でも挙動が乱れにくく、安定してますね。

それを一番顕著に表すのがスラローム走行です。

ノーマルでスラローム走行をすると、パイロンを越えて逆向きにステアリングを切るときに、クルマの揺り戻しが大きくて、スピーディに抜けていこうとするとその動きが収まっていないまま次のパイロンにアプローチしないとならないから、より大きくステアリングを操作しないとなりませんし、右・左・右・左…とペースを落とさずに走っていくと、つじつまが合わなくなってくるようなところがあります。

正確に安定して走り抜けていくためには、パイロンをクリアするたびに一度ステアリングをとめて、クルマの挙動を抑えて、それから次のパイロンに入っていく必要があります。SUVはそういうスポーティな走らせ方をするために作られているわけじゃないので、それは当たり前といえば当たり前。

アラゴスタ装着車の方は、ステアリングを操作してパイロンを回り込んでいくときの車体の傾きが小さく、傾いてから元に戻るときの動きも素早いので、クルマの動きも安定してますし、リズミカルに駆け抜けていくことができます。

SUVらしいゆったりおおらかな乗り味は薄らいでいますけど、操作に対してクルマが素早くレスポンスしてくれるスポーツカーに近づいたような乗り味を作りだしていますね。これは実際に乗ってみるとすぐに違いが判ると思うんですが、SUVであっても普通のセダンやクーペのようにスポーティに走りたいという人に向いたサスペンションになっています。

アラゴスタの車高調キットは、ローダウンといったアーバンスタイルを作り上げるだけではなく、操縦性もよりスポーティに。もちろん車検対応なので、安心して装着することができます。

★ ファイブスター東都特注制作「アラゴスタ社製 レネゲード用車高調キット」好評発売中!★

オンラインショップはこちら >>

ライター:山本 和彦 氏

4輪駆動業界などに造詣が深く、数々の自動車雑誌の編集長を務める。山本編集長が作る新しいコンセプトのカスタム4WD/SUV総合サイトも公開中。

戻る
ページ先頭へ
 
株式会社ファイブスター東都 | 会社案内 | 社会貢献活動 | 採用情報
 
Copyright 2013 Fivestartoto Co., Ltd. All rights reserved.